ときに、ぼん

妊娠、出産、育児のきろくを徒然と。

出産入院中に役立ったものまとめ

こんにちは、トキです。

お越しいただきありがとうございます☆

 

出産時の入院が人生初入院だったため、入院準備をしているときから用意するよう指定されたもの以外に何があれば便利なのかさっぱりでした。

そんなわけで、実際の入院生活(5日間)を経て、これがあって便利だったな~というものをまとめてみようと思います(^O^)

 

ちなみに、私が入院した病院で用意してくれていたアメニティ(というのでしょうか)は以下の通りですので、それ以外のものを書いていきます。

歯ブラシセット、シャンプー、リンス、ボディーソープ、泡立てネット(ボディ用)、スリッパ、*ティッシュ、*産褥シート(一袋)、*特大ナプキン(一袋)

*印は消耗品で、最初にもらった分を使い切ったらあとは自分で補充していく形でした。

 

〇小さめのトートバック

初めての入院で思ったのが、意外と枕周りにものが増える!(私だけ?笑)

ティッシュ、ペットボトル、おやつ、マスク、スマホ・・・などなどとにかく細かいものが散らばる~。

ベッド上に簡易のテーブル台が設置できるため本来これらのものはそこに置くべきなんでしょうが、授乳やオムツ交換のたびにテーブルを片付けるのが面倒!

そこで、ちいさいトートバックを一つ枕元におき、その中に小物類をすべてしまってました。院内でちょっとうろつく時に貴重品入れとしても使え、退院時もそのままそれもって帰れたのでとても便利でした。

 

〇マスク

入院した時期は6月、梅雨とはいえもう蒸し暑かったので冷房はかかせませんでした。もともと乾燥しやすい体質なのと、出産後の体力低下で風邪をひかないようと毎晩つけて寝てました。

あとなぜか出産後の晩は息みすぎたのが原因か喉がめちゃくちゃ痛かったので、マスクと合わせてのど飴も必要だったな~と感じました。

 

〇円座クッション

会陰切開後、痛すぎて普通に座れない・・・!病院から借りれたんですが、退院時に車内でも使うので持っていってました。

大きすぎるとかさばるので、100均で売ってるネッククッション(バスや飛行機で首につけるアレ)を代用。ビーズ素材だったので小さくてもお尻にフィットし使い心地は中々良かったです。もちろん小さいので持ち運びに便利でした。

 

〇延長ケーブル

スマホの充電器が正規品でなく短いため、充電したままベッドで使用できず。あわてて入院2日目に旦那にもってきてもらいました。

 

〇置時計

病室に時計がなく、入院準備物にしっか「時計」と書かれてたんですが、スマホもあるしそんな困らんだろうといつも使ってるGショックをもっていきました。これが授乳やオムツを交換しながらだとまぁ見にくいったら。笑

オムツ交換や授乳の時間を自分で記録しなければならなかったので、思ったより時計をみる回数が多かったんですね。なので小さくてもいいからぱっと確認できる置時計を用意してたら楽だったなーと思いました。

 

〇むくみとりの靴下

メディキュットみたいなやつですね。私は実際使用し始めたのは、会陰切開の傷がだいぶマシになってからの使用でした。なぜなら傷跡が痛すぎて履く動作ができなかったからです( ;∀;)

抱っこやなんやらで立っている時間が多くなり、気づけば足が棒のよう・・・なんてことが入院中から多々ありました。短い睡眠時間(横になれる時間)でどこまで体力を回復できるかがとても重要・・・ということで今でもほぼ毎晩履いてます。かかせません。

 

こんなところでしょうか。何かのお役に立てれば幸いです!

出産レポ 院内助産から普通分娩へ・・・

こんばんは、トキです。

お越しいただきありがとうございます(*'ω'*)

 

明け方7時に破水、いよいよ分娩体勢に入ります。

院内助産はフリースタイル出産という色んな体位でいきむことが一つの特徴とされています。

私も、まずは普通にあおむけになってうーん!と下腹部に力をこめて息みを開始。数回続けるも中々子どもがおりてこないので、四つん這い、横向き、果ては助産師さんの肩に足をかけそこを思いっきり蹴るなどとにかく色々な方法で息む!

しばらくすると「髪の毛が触れるくらいまでおりてきたよ!」と言われ、よ~しこの調子だ~と思っていたんですが、午前9時すぎから陣痛が弱まりはじめ中々うまく息めません。

赤ちゃんの心音はしっかりしておりすこぶる元気ということでそのまましばらく陣痛の回復を待つも中々もどらず。いわゆる微弱陣痛状態に。

午前11時前、このままでは私の体力も尽きてしまうので、陣痛促進剤を打ってお産を進めたいと病院側からの打診がありました。

陣痛促進剤を使用する、つまりお医者さん管理下の出産となるため院内助産ではなく普通分娩になると。それでもいいかと聞かれます。

私の心中は「なんでもいいから早く産みたい!」だったので(笑)、即普通分娩に切り替えてもらいました。そこから怒涛の必要事項説明・・・それあとじゃダメなんですかね、ダメですよね・・・。笑

旦那にサインしてもらい(これ絶対自分でサインするの厳しいって)、いざ促進剤を打つために陣痛室へ移動。

これが、本当に、つらかった!笑

院内助産は畳にごろ~んと寝ている状態だったため、そこから起き上がり、となりの部屋まで歩き、分娩台に上り、そこに寝転がるという元気だったら1分以内で行える動作にやたら時間がかかる・・・(;´・ω・)やっとのことで分娩台へ上り、様子を見ながらいったん普通に息みます。

それでも中々お産は進まず、陣痛も回復せず、私は体力低下で飲んでたカルピスを吐き、そんな中助産師さんが代わるがわる会陰マッサージをし・・・もうしっちゃかめっちゃか!笑

 

多分11時半ころ、促進剤を打つこととなり点滴開始。するとみるみる陣痛が復活・・・痛い!!腰が抉れてる!

痛みのピークにあわせふーーと息みます。が、中々それでも進みません。

しばらくして促進剤を増やします~との声と共に、ドタドタとお医者さん、助産師さんがわっと分娩室に入ってきて、臨戦態勢なんだと悟ります。また、会陰切開をすることになりそれにそなえて局部麻酔を打たれます(チクッとした感覚がありました)。

促進剤を増やすと、さらに強烈な痛みが復活!それに合わせてお医者さんが私のお腹あたりにスタンバイ。「次のピークでお腹を押すから、僕の力に負けないくらい息んでね」と声をかけられ、そばにいた助産師さんからは「もう出るよ、もう少しだよ」と励ましのお言葉が。

もうね、「やった!終わる!」の一心です。笑

 

あっと言う間に陣痛のピークがおとずれ、お腹をこれでもかってくらい先生①に押され(不思議と痛みはない)、ふ~~~ふ~~~と息みを一緒に促してくれる助産師さん、タイミングをみて会陰切開する先生②・・・まさに怒涛のコンビネーション芸!

はたから見ていた旦那は、私があまりにお腹を押されているのでこのまま死んでしまうのではないかと心配したそうです。笑

「なんかすごいことになったな~」と思いつつ必死に息むと、ズルッ!!とアッという間にぼんさん(長男)誕生!!!

促進剤を打ってから30分ほどの出来事だったと思います。こんなすぐ出るなんて、あの必死に息んだ4時間はなんだったんだと思いました。笑

(余談ですが促進剤はほぼ保険適応外なんで、使わないほうが安くすみます)

 

産まれたてのぼんさんをちらっと見せてもらい、ぼんさんは早速体重やら体温やら測定に・・・私はズルズルと胎盤を出してもらいました。

その後、会陰切開のあとを縫ってもらいましたが麻酔が効かない部位があり、これがお産の中で一番痛かった・・・もっとまじめに会陰マッサージしておくべきでした( ;∀;)

 

色々施術を終え、1分ほどですがぼんさんを胸元にのてもらったとき、その温かさにほっとしたことを鮮明に覚えています。

お産のあと分娩台で2時間ほど休憩し入院部屋に行くわけですが、そこから移動するとき、分娩台→車いすの移動ですら身体がガッタガタでいろんな部分が痛くてうごけなく中々乗り移れなくてびっくりしました。お産って本当に命がけだわ~。

 

そんなわけで約14時間戦い抜き、いろんな方の協力を経て無事に長男・ぼんさん(もちろんあだ名)を出産することができました(^O^)

終えてみての感想としては、「陣痛はなんとか耐えられるけど、会陰切開は二度とごめん」です!笑

あと、院内助産から普通分娩に変わったわけですが、無事に生まれてくれたらなんでもいい~と必死だったので、普通分娩を打診されたタイミングで切り替えてよかったと思っています。

出産は本当に本当に大変なことなので、それぞれが無理せず最善を尽くせる形のお産が、赤ちゃんにとってもいいものなんだろな~と感じました。

陣痛レポ② 陣痛の痛みは抉れるよう

こんばんは、トキです。

お越しいただきありがとうございます!

 

慣れない育児に追われ、久しぶりの更新となってしまいました。

陣痛レポの続きです・・・今更感がすごい。笑

 

高位破水したことがわかり、入院決定したのが20時ころ。

そこから入院手続きを経て、あとは子宮口が開くのを待つばかりです。

旦那には一度帰ってもらい、22時ころには院内助産の部屋で一人のんびりすごしてました。

このころ陣痛は8分間隔だったので、まだまだ余裕で友達にラインしたり。

ちょこちょこ様子を見に来てくれた助産師さんからは「寝れるときに寝てね」と言われたものの妙に興奮して寝付けない・・・。

0時を回ったころ内診。3センチ→4センチに開いてました。寝れないなら軽い眠剤を出すこともできるけど・・・と相談され、このまま寝れず本格的な陣痛にいくのもいやだったので人生初の眠剤を飲みました!

するとこて~んとすぐに寝れたのですが、深夜3時ころ腰に猛烈な痛みが走り目覚めてしまいました。

まだなんとか歩けたので、ゆ~っくり歩いて同じフロアの自動販売機に飲み物を買いにいき、トイレをすませ(のちに助産師さんから「あそこで動いたのは良かったね」と褒められました^^)ふたたび陣痛に襲われます。

 

うつらうつらと寝たり起きたりを繰り返してましたが、なんと明け方5時ころ自分の「痛いよ~」という声で目覚める。笑

このころには子宮口が8センチほどになっており陣痛も5分間隔をいったりきたり。

助産師さんから「お産近そうだから、旦那さん今のうち呼んどいて~」と言われ、旦那に電話、すぐ来てくれることに。

旦那が来るまでは助産師さんが腰を丁寧にさすってくれました・・・ほんと助かる・・・。

 

午前6時前に旦那が到着し、うんうんうなっている私にお茶をくれたり腰をさすってくれ心強かった~( ;∀;)でも一晩一緒だったらきっと手持無沙汰だったのでギリギリに来てもらって良かったです。笑

 

すっかり明るくなった午前7時ころ内診。陣痛もピークを迎えており、例えるなら「腰をスコップでえぐられた」感じ。痛い!

院内助産助産師さんの判断のもとお産がすすみます。そろそろだと判断されたのか、「もう破水させるね~」とそのまま破水。ぬるま湯がお股から出るような感覚。旦那はことのき「バチン!」という破裂音を聞いたそうですが、まったく気づかず。

ちなみに私は痛みに強いのか鈍いのか陣痛も「う~ん痛い~」とうなるだけ、破水のときもノーリアクションだったんですが「普通これ痛くて声出るで」と笑われました。

色々必死でそれどころじゃないんだよ!笑

 

そんなわけで20時から日を跨いで明け方7時まで、トータル11時間続いた陣痛もいよいよ出産体勢に入ります!

陣痛レポ① 高位破水はカルキの匂い

こんばんは、トキです。
お越しいただきありがとうございます!

すでに懐かしくなりつつある(笑)、陣痛の思い出を書いていこうと思います(^○^)

お印がきたあと、しばらく体調の変化がなかったので旦那とショッピングモールへ出かけることに。
「もしかしたら妊娠中最後の外食になるかもね」とのん気に夕食をすませ、買い物を楽しんでました。
すると、次第になんとなーく腰が痛くなってきて、たまに立ち止まってしまうほどの骨盤痛がおそってきました。今までも骨盤痛はあったんですが、明らかにレベルが違う!笑
そしてついに、ナプキンにじわ~と液体が染みていく感覚が…。
しかし私はここまできても「めっちゃおりもの出るなー」としか思ってませんでした(^-^;)

買い物をすませ帰宅し、トイレに入ると…ナプキンからめっっちゃカルキの匂いがするではないか!!!
また、おりものでは有り得ない重量感になってました。
あまりの変化にさすがに破水かと思ったので、病院に電話。お印がきたことと、ナプキンからカルキの匂いがすることを伝えると「多分破水してるのですぐ病院へ」とのこと。

結論から言うと、高位破水してました。
よく羊水は生臭いって聞きますが、個人的にはカルキ臭のように感じました!
あとおりものとの違いがわかりにくいと聞いてたのですが、出る感覚は似てるけど量が圧倒的に違いました。


急いで支度をし、病院に向かいます。
受付を通ると院内助産の部屋へ案内され、破水してるかどうか調べるのでナプキンを渡してほしいとトイレに誘導されました。
そこで失敗だったのが、病院行く前に自宅でナプキン変えてしまったこと(;´Д`)
なんやらの薬品をナプキンにたらし色の変化で羊水か判断するってことだったんですが、新しいナプキンでは十分な反応が出ず…。
助産師さんが頑張っていたるところに薬品をつけ、よーやく十分に破水だとわかる反応が出ました!
これにて即入院となり、入院着に着替えてあとは子宮口が10センチになり、陣痛が1分感覚になるのを待つばかり…。
ちなみに到着後、子宮口は3センチ、陣痛は8分間隔になってました。

院内助産の部屋は畳で広々としており、旦那も側で雑魚寝できましたが、まだまだ先は長いし(この時で22時くらい)旦那も落ち着かないやろうからと一度帰ってもらいました。笑
病院が近いのも幸いして、陣痛が進んだらまた来てもらうことに。

ここからながーい陣痛&分娩の闘いが始まります(゚Д゚;)

出産しました。

こんにちは、トキです。
お越しくださりありがとうございます(*・ω・)ノ

途絶えてましたが、前回の更新後に陣痛が来まして(オロCすげえ!)、無事出産することができました!
院内助産の予定でしたが、最終的に微弱陣痛となってしまったため陣痛促進剤を利用した普通分娩となりました。またゆっくり陣痛や出産の記録も書いていきたいです。
何はともあれ母子ともに健康でいれてほっとしています(^○^)

現在は退院し自宅で慣れない育児にてんやわんやな日々です。
時間がとれたころ、またポツポツ更新していきたいので、今後ともよろしくお願いします!

オロナミンC飲んだらおしるしが来た!

こんにちは、トキです。

お越しいただきありがとうございます(^^♪

 

絶対偶然なのですが、タイトルの通りの出来事が先ほど起こり、あまりのタイミングで笑ってしまいました(^_^;)

今日は旦那がお休みなので、まったりと昼食を購入しにスーパーに出向きました。そこで見かけたのがオロナミンC

オロナミンCといえばかの有名なジンクス≪飲んだら陣痛が来る≫と言われている代物・・・。予定日はまだですが、先日の定期検診で「もうすぐ陣痛くるかもね~」と言われつつも前駆陣痛が1回来ただけで、まだかな~もうすぐっていつやねん~とちょっと焦りが出始めていた私はネタで購入してみることにしました。旦那もまあ試してみれば~と笑ってました。

ちなみにもう一つ有名なジンクス≪食べたらお産が早まる≫と言われている焼肉は先週食べに行きましたが特になにも起こらず。笑

 

昼食をすませ、さっそくオロナミンCを飲みます。久しぶりに飲んだのでこんなに甘いのか!とちょっとびっくり(´゚д゚`)

その後、特にやることもなくなったので久しぶりにがに股ぞうきんを行いました。がに股ぞうきんとは、その名の通りガニ股の状態(ヤンキー座りのような感じ)でぞうきんをすることで、助産師さんに勧められた運動の一つです♪

一通り部屋を拭き終わり、トイレにいくとなんとおりもの対策でつけてたナプキンにおしるしが~~~!!!

オロナミンCを飲んでから1時間後の出来事でした。果たしてジンクス通りオロCのご加護なのか、がに股ぞうきんがよかったのか、偶然の出来事だったのか・・・真相は全くわかりません!笑 ジンクスはあくまでもジンクスですからね~。

今はお腹の張りがしばらく続いているので、このまま陣痛につながるといいな~と願うばかり・・・。

妊娠中のお役立ちアイテム&利用してよかったシステム!

こんばんは、トキです。

お越しいただきありがとうございます(*^-^*)

 

今日は長~い一日でした。明け方、不規則なお腹の痛みと強烈な吐き気&胃痛で起床。陣痛か?!と思い陣痛カウントアプリを起動するも、吐き気&胃痛で痛みの波がわかりずらく常にどこかしら痛い状態・・・1時間ほど様子をみていると寒気までしてきたので観念し病院に電話。

状況を説明するととりあえず来て~と朝方病院へ。

内診、エコー、NSTをするも本陣痛ではないし、熱もなければ血圧も異常なし。そうこうしているうちに病院で2回吐いてしまい、そのまま血液検査を行いました。しかも1回目の検査の数値で気になることがあるからと2回も( ;∀;)

おかげ様で半日病院にいました(;´・ω・)検査は異常なしでそのまま帰宅し今に至ります。

院内助産の部屋で待機できたのは気がまぎれるしリラックスできて良かったのですが、さすがに疲れました・・・。今はいたって元気です。いいのやらなんやら。笑

たまたま旦那がお休みだったので付き添ってもらえたのも良かった。ありがとよ!

 

 

さてさて、そんな前置きですが上記の陣痛カウントアプリのような、個人的に<妊娠中に役立ったアイテム&利用してよかったシステム>をまとめてみようかと思います(^O^)

 

〇マタイティーズボン

よくある腰から上の部分がゴムなど伸縮性の素材になってるやつですね。周りはこれを使用している派と、大き目サイズの普通ズボンを腰履きしている派が半々くらいなのですが、私は圧倒的にマタニティーズボンを推奨します!なぜなら腰回りが暖かい&しっかりサポートしてくれる安心感がたまらんからです!使用していたのが冬場なので余計にそう感じたのかもしれません。

普通のスカートなども腰履きにして履いてたんですが、10か月を超えるとそれすらしんどくなることも多くお腹が大きくなってからはほとんどこれを利用。種類としてウエスト周りすべてが伸縮素材のものと、前半分だけのとがありますが、個人的にはすべて伸縮素材の方が長い期間使えたのでよりよかったです(^O^)

ちなみにトップスはほとんど買い足しせず、10か月を超えたあたりで授乳時も使用できるようボタンタイイプの服を数点揃えてるだけでなんとかやれてます。

 

母子手帳ケース

母子手帳には別冊で検診補助券がついてくるので、2つをまとめて持ち歩くためのケースを探してました。最初は適当なポーチでいいかと思ってたんですが、母子手帳って子どもが5歳くらいまで使用するので、子どもの診察券などまとめて入れれるものがいいよとアドバイスをいただき、赤ちゃん本舗で売ってるやつを購入。

収納場所が多く診察券など整理でき、なによりエコー写真を入れれるのでとても気に入ってます。ただちょっと大き目なので携帯しにくさは正直ありますが、無くしにくいという利点もあっていいかなーと。笑

現在はこのケースに母子手帳、検診補助券、お薬手帳、保険証、各病院の診察券、印鑑、いただいた安産祈願のお守りなどを入れて、どこにいくにも持ち歩いてます。大事なものを一つにまとめられるのも便利ですね。

 

〇ネットスーパー

9か月目の安静期間に登録したんですが、もっと早く登録したらよかった!と思えるくらい便利です。あと自分が利用するまで知らなかったんですが、結構色んなスーパーで展開されてるんですね。

私はイトーヨーカドーに登録しています。なんってたって品数が豊富!配達便が多い!対応が丁寧!さらに母子手帳の提示で送料が4年間100円!!最高で~す('ω')ノ

安静期のときは3日に1回くらいの頻度で注文してましたが、現在はお米やペットボトル飲料など重たいもののみ必要に応じて注文。けど、赤ちゃんが産まれたらまたガンガン利用するんだろうな~と予想しております(^_^;)

 

〇胎動&陣痛測定アプリ

胎動と陣痛をカウントできるアプリをスマホに入れてます。あまりたくさんアプリを入れたくないので、機能は少なくてもいいら1つのアプリでまかなえるものを~と探しまくって無料のものをDL。カウントする&記録を見るというシンプルなものですが、とても役に立ってます!

 

陣痛タクシー

その名の通り、陣痛時に優先的に利用できるタクシーです。大体登録制(登録自体は無料)です。サービスは各社違うとは思いますが、私が登録しているところはこんなサービスがあります↓

・登録者のみが連絡できる電話番号がある(優先的に乗れる)

・分娩予定の病院を登録できるので、スムーズに病院まで連れて行ってくれる

・陣痛で余裕がない場合、料金の後払いが可能

・乗務員さんが研修を受けているので陣痛時に適切な対応をしてくれるらしい(普通のタクシー会社は妊婦と言ったら乗車を断られることもしばしばあるらしい・・・)

まだ利用はしてませんが、とりあえず登録のみ済ませてます。というのも、いざって時にすぐ使えるってのもそうなんですが、人気なため新規登録を制限している会社もあるので、とりあえず1社でもいいからと確保しています。

「住んでる地域名 陣痛タクシー」などで検索すると出てくると思うので、ぜひ!

 

 

ぱっと思いつくのはこんなところです。

これもよかったよ!なんてアイテムあればぜひ教えてくださーい(*^▽^*)