ときに、ぼん

妊娠、出産、育児のきろくを徒然と。

これって・・・妊娠してる?

今回は妊娠に気付いたときのお話です。

化学流産(一つ前の記事参照)を経験したあと、「しばらくは妊娠しないだろうな~」と高をくくってたわたし。

仕事も辞め休養期間だと暇を持て余していたので、取りそびれてた自動車免許を取得したり、旅行したりとのほほんと過ごしていました。

失業手当が切れるころ、ちょうど次の仕事(パート)も決まって「新しい生活のはじまりだ!」と意気込んでいたある日・・・突然胃のムカムカが始まりました。

が、うつの影響で環境の変化にめっぽう弱くなっていたので、「新しい仕事のストレスかな」とそこまで気にしていませんでした。

なにより化学流産からまだ7か月ほどしか経ってなかったので、「こんなに早く妊娠する」という考えがなかったんですね~。

 

胃の不快感とのつきあいを1週間ほど続けていたところ、次第に食事をするときに「うっ」と胸やけのような気持ち悪さが広がるようになりました。

そのとき気づいたんですね、生理が遅れていることに。

いや、正確に言えば気づいていたんですけど、そのうち来るだろうと気にしていませんでした。しかし確実に少しずつ悪くなっていく体調。そこでようやく「妊娠かな~?でもまさかこんな早くに・・・」と考えるようになりました。

ぐだぐだしていたところ、旦那より「生理が遅れてるってことは婦人科の病気かもしれないし、とりあえず妊娠かどうか調べて、違ったらちがったで病院行きな」と適格なアドバイスが。

 そりゃそうだと思い立ち、さっそく次の日妊娠検査薬を購入・・・。

調べたところ、陽性!!

ほんと驚きました。

前回の妊娠時は「胸が張る、体温が高くなる」という症状が出ていたんで、今回の胃痛や胸やけが妊娠超初期の症状だと全くわからず。

妊娠のときにでる症状は毎回違うよ~とは聞いてはいたものの、ほんとに別ものなんですね('ω')

 

すぐさま産婦人科の予約をし、診てもらったところなんと6週目でした!

妊娠超初期は大体4週目ころまでを指すみたいなので、気づけばアッという間に妊娠初期に突入していました。

生理がいつもの周期でこず、なおかつ不思議な身体症状が出たときはすでに妊娠超初期かもしれません!

「もしかしたら・・・」と悩んでいる方、一度思い切って調べてみるのもありだと思います(^O^)

広告を非表示にする